日本企業として初めてDC商工会議所(DC Chamber of Commerce)の所属企業となりました

2017年4月6日、ネットワークコミュニケーションズは日本企業として初めてDC商工会議所に所属いたしました。

1,500 以上の会員数を誇るDC商工会議所は、ビジネスの成長を目的とした政府へのアドボカシー活動に加え、

経済成長、商業、産業の機会拡大に必要なプラットフォームを、ワシントンDCエリアを拠点とする企業を
対象に75年以上に渡って提供する組織です。

 

ネットワークコミュニケーションズは2017年より国際政治に大きな影響力を持つ都市の1つであり、
スタートアップ・コミュニティの成長も著しいワシントンDCに拠点を開設。今後は現地企業との交流を
さらに深め活発な情報交換を行うことで、広報活動を通じたインターナショナル・ビジネスの発展に寄与して参ります。

■参考

・DC商工会議所:https://www.dcchamber.org/ (英語表記)

・“Why Washington, D.C. Could Be the Next Big Startup Hub”

https://www.inc.com/aj-agrawal/why-washington-dc-could-be-the-next-big-startup-hub.html (英語表記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です